google-site-verification=tspjGYP2gIcb3MFqsIMJKHx5FkJBRAkM0mpmVvfoSAw

😸以文会友 以猫輔仁😸

文を以って友を会し、猫を以って人を輔く Twitterでいいきれないことをここで話します アカデミックに行きましょう😀 ネコは俯瞰的な立場で監視します😸

音楽の話♫Vol.20 Emotional Rescue The Rolling Stones

趣味とは闘争!
 
現在放送中のNHK-Eテレ『100分de名著』、ブルデューの『ディスタンクシオン』がものすごく面白い。

 
社会学の書籍であるか、趣味、嗜好は好き勝手に選んでいるものではなく、社会的、経済的な階級に起因している。人々の行為には闘争がともなう。
言い換えれば、「映画ファンは映画ファンが嫌い」。
 
ここでも述べているが、私はBritish Rockの大ファンを自認している。そして最も好きなバンドは The Who だと公言している。何故、The Who が他のバンドより好きなのか、他のバンドとの差別化を我を忘れて語る。
 
気分を害する人もいると思うので、最初に謝っておくが私は Queen というバンドに一切魅力を感じない。どこがいいのか理解できない。むしろ邪道だと思っている。Queen は有名で人気バンドであるのは認めているが、あの大袈裟なサウンドが嫌だ!Queenが好きな人は私の苦手な部分、否定する部分を徹底的に肯定し、そこが魅力なのだと力説する。しかし何を言っても私のQueen嫌いはなおらない。ちなみにYESもだめです。
 
世代としてヒット曲はほとんど知っているし、妻に誘われて映画も見た。映画としては面白かったですけれど、バンドてしての魅力は何も伝わらなかった。
 
ブルデューの理論でいくと、私はThe WhoのファンとしてQueenファンとの間に闘争が伴っている。「あんなバンド、ケっ!」という差別意識が働き、マウンティングをしようとしている。
それを受けて「あれ?結構詳しくないのですね」という人もいる。
そういう人は北欧メタルであるとか、インディーズといったバンドの名前をあげます。私は当然知りません😰
ここでも闘争が存在しています。楽しくロックの話をするのではなく、「俺はこんなバンドも知っているんだぜ」、「お前なんかThe Whoなんて大メジャーなバンドが好きだなんて、俗ぽいぜ」と私より上に立ちたいというマウンティングがそう言わせているのである。
 
さらにプロレスの話となるともっと過激になります。
 
私はジャンボ鶴田の死後、三沢光晴が全日本プロレスを出て行った後のプロレスは噂で聞く程度。殆ど見ていません。
しかしそれ以前は週刊誌を定期購読し、ビックマッチの翌日は東京スポーツを買うほど好きでした。当然、足しげく会場にも行きました。だが、ぱったりと見なくなった。せいぜい意識的にテレビで見た試合は「佐々木健介対川田利明」と天龍源一郎の引退試合くらい。
しかし馬場、猪木、ラッシャー木村、大木金太郎、ジャンボ鶴田、と言った時代は大好きでCSで再放送がやっていたら、思わず見てしまうし、相手が好きだと確認できるとすぐそういう話になる。
 
ある時、数人とその手の話をしていました。
我々が、大木金太郎が鉄の爪に対抗するため、手に頭突きしたとか、上田馬之助が「何故、竹刀なのですか?」というインテビューに「相手が怪我するだろう」と真面目に答えたとか、大笑いしていたら、ひとり最近のファンがいたらしく、疎外感があったのか、「お前ら、何も知らないんだ」と怒って席を立ってしまった。
 
おお!これが趣味には闘争が確かに存在するということか。
 
その人はプロレスに自信があったのでしょうけれど、話が全くわからなかったのでしょう。そこにも闘争があり、マウンティングを取ろうとしたが、彼はそれができなかったので、切れたのある。とは言え少しでも興味があるのであれば、歴史くらい調べないよ(笑)。私は生まれる前の力道山のことだって少しは知ってますよ。
 
前説が前説ではなくなってしまった。
 
The Rolling Stonesの80年代初頭の話をしたかったのに(笑)
 
The Rolling Stonesの歴史は長く、The Beatlesと並んで最も重要なロックバンドのひとつであることに異論を挟む人はいないであろう。しかしその道程はThe Beatlesとは対照的。異論を挟む人は多いと思いますけれど、決して先頭に立って革新的な活動はしたことがないと思う。あの求道者然としたEric Claptonはレイドバックやレゲエを紹介したりしますが、Stonesにはそのような活動をしたことがないと、私は思っている。
 
したたかに色々な音楽を吸収して音楽の幅を広げていく。そしてその時にもっともストーンらしいサウンドを我々に届けてくれる。ストーンズの最高の魅力はそこだと思っている。しかしどんなリズム、音楽的イディオムを取り入れても体幹がしっかりしているためか、しっかり帰還するところに戻ってくる。そんな姿勢がストーンズの魅力であるとわたしは断言する。
R&Bも、R&Rも本来ダンスミュージックです。ディスコの何がいけないの?
 
1975年Mick Tyler脱退、さらにはパンクムーブメント、New Waveの台頭、Ronnie Woodsの加入等、70年代後半から明らかにストーンズは音楽的な過渡期に入る。その危機を彼らはディスコミュージックを取り入れるという荒技に出る。”Miss You"をフューチャーしたヒットアルバム”Some Girls”を引っ提げて全米ツアーを開催。その勢いを録音したのが今回紹介する"Emotional Rescue"である。
 
リアルタイムで聞いていたのだけれど、発売時は結構評判を辛辣だったような記憶がある。
 
商業的には成功したが、音楽評論家たちはアルバムのインパクトの弱さを指摘した。
ローリング・ストーン誌は「『エモーショナル・レスキュー』の大部分は曖昧で非現実的である。真剣に捉えることが難しいレコードだ」と否定的な評価を下している。ジャガー自身も「みんなこのアルバムを誤解してるよ。これは冗談半分のレコードだからね。真剣に受け止めるべきじゃない」と語っている
 
Mickさんこれを大好きな一枚にあげる私の身になってください。
 

f:id:wataru42nc:20201223182227j:plain

The Rollong Stones 1980年代 
 
私はストーンズの長い歴史と通して、"Emotional Rescue" はキャリアを代表する一枚だと思っている。
一曲目の”Dance”からクールなギターアンサンブルを聴くことができる。いかにも新しいことをしようとする意気込み”Hey Kieth What you doing? というセリフに込められている。サビの部分のリフレンでは”Get up, get out get into somethin` new"このセリフがメチャクチャかっこいい。このワンフレーズがすごくかっこいい。ストーンズのアルバムは一曲目で勝負する。
 
"Emotional Rescue" にはロックンロールあり、レゲエあり、カントリーと多彩に富んでいる。結果として統一感がないという評価なのだろう。また、”Jumpin' Juck Flash”や”Brown Suger”のようなこれってシングルヒットになるような代表曲がない。それが、このアルバムの評価を下げているのかもしれない。しかしタイトルチューンの"Emotional Rescue" でMick Jaggerはフルセットボイスで歌かっこよさは一体なんだ。曲によってbassをひくRonnie WoodのベースラインはBill Wymanまた違う。骨太な骨格を作り上げる。まさに今までにないかっこよさがある。ストーンズの挑戦はここでマックスなる。
 
”Get up, get out get into somethin` new"
 
このフレーズがアルバムのテーマなのだ!
9曲目のロックンロールナンバーから、最後はキースが歌うバラードでしめる。
 
何がいけないの?
 
「ストーンズは60年代だよね」、「Mic Tylerの時期が最高!」と言っている人は「趣味の闘争」に至っている。
自分の好きな時期を最高、唯一無二というのもわかるけれど、今、その時、その時The Rolling Stones を楽しまないと、私のプロレスのように楽しみが一つ減りますよ(笑)。
比較しようがない。ストーンズはすべての時期がストーンズなのである。
 
やっと、前説に戻ってきた。やれやれ。60年代に固執する必要なないし、決してマウンティングする必要はない。その時、その時のストーンズを楽しむべきである。
 
 
The Rolling Stones1980年6月発表 全米、全英一位を記録。
 

All songs composed by Mick Jagger and Keith Richards, except "Dance (Pt. 1)" co-written by Ronnie Wood.
 
  1. "Dance (Pt. 1)" – 4:23
  2. "Summer Romance" – 3:16
  3. "Send It to Me" – 3:43
  4. "Let Me Go" – 3:50
  5. "Indian Girl" – 4:23
  6. "Where the Boys Go" – 3:29
  7. "Down in the Hole" – 3:57
  8. "Emotional Rescue" – 5:39
  9. "She's So Cold" – 4:12
  10. "All About You" – 4:18

Personnel[edit]

 
 
  • Mick Jagger – lead vocals (all but 10), electric guitar (2, 4, 6, 8, 9), backing vocals (1, 2, 6), electric piano (8), percussion (1)
  • Keith Richards – electric guitar (all but 5), backing vocals (1, 2, 6, 10), acoustic guitar (5), bass guitar (10), piano (10), lead vocals (10)
  • Bill Wyman – bass guitar (3-5, 7, 9), string synthesizer (5, 8)
  • Charlie Watts – drums (all tracks)
  • Ronnie Wood – electric guitar (1-4, 6, 7, 9, 10), bass guitar (1, 2, 6, 8), pedal steel (4, 5, 9), backing vocals (6, 10), saxophone (1)