google-site-verification=tspjGYP2gIcb3MFqsIMJKHx5FkJBRAkM0mpmVvfoSAw

😸以文会友 以猫仁輔😸

文を以って友を会し、猫を以って人を輔く Twitterでいいきれないことをここで話します アカデミックに行きましょう😀 ネコは俯瞰的な立場で監視します😸

音楽の話♫Vol.19 DGM LIVE  KING CRIMSON トリプルドラムの衝撃

「すごいものを見てしまった」といういうのが、最初の感想。Robert Fripp 率いるKing Crimosonのトリプルドラム。
 
メンバーは下記の7名。
  • Robert Fripp guitars
  • Jakko Jakszyk vocal&guitars
  • Mel Collins sax
  • Tony Levin bass&sticks
  • Pat Mastelotto drums
  • Gavin Harrison drums
  • Bill Rieflin drums & percussion, keyboards

f:id:wataru42nc:20201220061842j:plain

King Crimson トリプルドラム


久しぶりにMel Collinsが参加しているが、かつての中心人物、Bill Bruford、Adrian Belewbの姿はない。そういえば、Bill Brufordが引退したニュースは前に見た記憶がある。
 
元々メンバーの出入りは激しく、リーダーの Robert Fripp のやりたい音楽を実現させるバンド。リーダーの頭にある音楽を再現するためにメンバーは集められる。しかし、ここまでオリジナルクリムゾンのメンバーが欠けているとならば、King Crimsonを名乗る必要はないと思うけれど、これはレコード会社の都合でしょう。

もともと、Jazz的なインタープレイや、ポリシシリズムを重視し、常にリーダーのRobert Frippの音楽的実験を体現するバンドなのでメンバーは流動的なのは仕方のないところでしょうか。
 

それにしてもトリプルドラムというレギュラー編成をはじめて見た。

少しづつ音をずらして行き、大きなサウンド、うねりをを作っていく。それも70年代の『キリムゾンキングの宮殿』や『太陽と戦慄』の時期の楽曲を新しい解釈で演奏されていく。楽曲の骨格がしっかりしているので、決して古臭さは感じない。むしろ新しい命が吹き込まれているようである。これが現在のコンセプトらしい。ここでは”21st Century Schizoid Man”を演奏している。

 


King Crimson - 21st Century Schizoid Man

アレンジはオリジナルに近いが、とにかくリズム解釈、インタープレイが斬新。加えて、Robert Fripp翁のギターソロも冴えています。元々フリージャズ的要素の強い曲というよりも、フリージャズを彼らなりの解釈で演奏する。一度引退する70年代中頃のMiles Davis や キャリアを通しての Frank Zappa に考えは近いと思われる。

変に現代的なシンセを入れて、楽曲の魅力が失われるのは残念ですが、このように解釈を加えることは大歓迎です。まあ、聞いてみてください。新しい発見がそこにあると思います。

 

そうそう、David Bowie の”Hero”もこの編成で演奏しています。こちもおすすめします。

 

Robert Fripp 翁は74歳。まだまだ新しい音楽的実験、ミュージシャンの育成に対しても意欲的。これからも楽しめそうですね。