😸以文会友 以猫仁輔😸

文を以って友を会し、猫を以って人を輔く Twitterでいいきれないことをここで話します アカデミックに行きましょう😀 ネコは俯瞰的な立場で監視します😸

連続テレビ小説『エール』 最終週「エール」

誰が悪いわけではありませんが、コロナ禍で放送は短縮されました。
しかも、もっと絡むはずだった小山田耕三役の志村けん氏の死去。これはスタッフにとって誤算だったと思います。
 
この話数短縮が吉とですか、凶と出るか?あえて言わせてもらいますけれど、私は吉と出たように思います。
 
「最近のドラマが、、、」とか言ってもほとんど見ていません。しかし日本人のドラマの質が明らかに落ちてきたように感じます。
 
比喩には直喩、暗喩の二つの技法がありますけれど、両方だめになったような印象さえうける。
 
その象徴が橋田壽賀子の文化勲章受章ではないでしょうか。
 
『渡る世間は鬼ばかり』を見てみてください。パロディのように、見ている人を馬鹿にしているかのような永遠と長台詞が続く。「お前ら理解できないだろうから、ちゃんと口で言います」的な脚本。一度見たことがありますが、「コントか」と思いました。それもオチのないコント。それを永遠付き合わされる身にもなってみろよ!
 
「朝ドラ」シリーズ後半にはじまる恒例の人との別れ。通常ではひとりひとり丁寧すぎる、むしろ饒舌にクドクドと描くだけれど、今回は放送話数が減った分、モノクロの写真があります。「お前ら理解しろ!」的な演出。嫌いではありません。
最終週はこれまでの二人の思い出をフラッシュバックしながら、話は淡々と進みます。
 
華ちゃんの結婚式、オリンピック、仲間たちの交友、劇作家池田との別れ。このあたりの進行は「朝ドラ」の定番ではあるけれど、テンポよく演出は進む。
 
実質的な最終回、119話では小山田耕三の懺悔の手紙、それを受け入れ許した、裕一。
そして若く音楽家を志す広松寛治との会話。まるで宗教家の師弟の問答のように進む。
「これまで人の力になる音楽を沢山、作ってきた。これからは自分のために音楽を奏でたい」いい台詞です。
 
音の最後の力なく歌い「海がみたい。あなたと出会った頃のように歌を歌いたい」。よろよろと歩き出す二人。そして最後の浜辺でのシーン。「あなたに会えて良かった。出会ってくれてありがとう」。いいシーンだな。黙っても涙が溢れます。
 
最後にコロナ禍のため、思うように進まなかったかもしれません。ひょっとしてそれが演出にいい方に出たのかもしれない。
 
音楽を通して、夫婦愛、戦争と平和。全体主義。そして人を煽ってしまった贖罪。
 
考えさせるテーマがあまりにも多い作品でした。最近の中ではベストではないでしょうか。
 
最後にあのコンサート。完全版やりませんか?