google-site-verification=tspjGYP2gIcb3MFqsIMJKHx5FkJBRAkM0mpmVvfoSAw

😸以文会友 以猫輔仁😸

文を以って友を会し、猫を以って人を輔く Twitterでいいきれないことをここで話します アカデミックに行きましょう😀 ネコは俯瞰的な立場で監視します😸

特撮の話 仮面ライダークウガ episode40『衝動』、41『抑制』

「行きたくなったらいつでも行っていいぞ冒険」
「ありがとうございます、でももう少しこっちの冒険がんばります」
 
オープニングから、ビリビリする会話の応酬です。
 
「おっちゃん、誰かを殺してやりたいと思ったことある?」
 
仏教の「縁起論」
憎しみに対して怒りで返していたら、その連鎖は終わらない。クウガのテーマです。
 
実にこの世においては、
怨みに報いるに怨みを以てしたならば、
ついに怨みの息むことがない。
怨みをすててこそ息む。
これは永遠の真理である。
「ダンマパダ」第一章五

 

 
何度でも反復しましょう。「仮面ライダークウガは子供番組」
子供番組は明確にテレビの前にいる良い子達にメッセージを伝えなくてはなりません。「グロンギは何故、殺人をゲームとして楽しむのか」とか、「クウガとは一体何者なのか?」は確かに重要なポイントです。しかし、作り手にとってみれば、それほど重要な問題ではありません。
 
「仮面ライダークウガ」の作り手にとって重要なポイントとは
  • 良い子に正しく育ってもらう
  • オモチャを買ってもらう
 
この二つです。特にこの二つ目は重要です。視聴率がよくとも、オモチャが売れなければ、『有言実行三姉妹シュシュトリアン』のように終わってしまいます。
 

f:id:wataru42nc:20210131174329j:plain

有言実行三姉妹シュシュトリアン
 
クウガの視聴者層、玩具販売に関しては色々と聞いていますけれど、それはそれで(笑)
 
 
最終回に向かって、見応え充分の充実したエピソードが続きます。どのような経緯かは別として、ドラマ重視にシフトしていることが成功している。
 
本エピソードの主軸となる奈々ちゃんの「誰かを殺してやりたいと思ってことあるか?」
 
理不尽な死。その恐怖は常に我々の常にすぐそばに存在する。貰い事故も然。しかし現在のコロナ禍、その理不尽な死の確率は確実に大きくなっている。今回のエピソードはそのまま、現代社会の状況です。
 
奈々ちゃんの受けるオーディションの課題、自分を「未確認生命に好きな人が殺された人」だと思って演技してください。出題者は特に意識していなかったであろが、その立場の人間はどう思うであろうか?奈々ちゃんはその課題に傷つく。追い討ちをかけるかのように「本当に好きな人が殺されたから、演技に生きるね」。さらに傷つく奈々ちゃん。
 
「人を殺したくなった」同情できる。
 
この気持ちを奈々ちゃんは五代雄介に吐露する。雄介はじっと自分の拳をみる。「俺コレを使ってすごく嫌な気持ちになる」 「暴力に対して、暴力での解決は暴力の連鎖でしかない」
 
「五代さん言っていること、綺麗事ばかりじゃないか!」このセリフの雄介の返しが最高です
「そうだよ。だから現実にしたいじゃない」
このドラマのテーマをキッチリ五代雄介に無理なく言わせる。荒川稔久さん「流石です」
 
ここで、一条さんからスクランブルの連絡がはいって出動する。
 
やるな〜。自然に前のめりになります。だからクウガが好き。
 
さて、特撮の部分にも触れましょう。
 
今回のサメ女はめちゃくちゃ強い。緑のクウガになって上陸するところ、射撃をする狙い撃ちをしようと試みるが、ダグバの気配を感じた瞬間、槍で肩をつら抜かれる。血を流しながら、うめくクウガ。この絵の作り方、完全にホラーだ!
もう一度、声を大にして言いましょう「仮面ライダークウガはホラー」
 

f:id:wataru42nc:20210131174332j:plain

サメ女に肩をつら抜かれるクウガ
 
Twitterでもいいですけど、ライダーがここまで傷つき、血を流して戦うシリーズがあったか、教えてください。
 
ネットに犯行予告の書き込み。クウガが始まったころ、ニフティの書き込みなどが問題になりはじめた時期。今のSNSでの犯罪予告を予言させる。
現場に急行するクウガ!青のクウガになってゴウラムにバイクから飛びつくシーン。バックシーンで流れるパーカッション、バシバシのメインテーマ。何度見てもかっこいい。お気に入りのシーンです。
その後、バイクがどうなった?聞くのは無粋って奴です。
 
それにしてもサメ女は強い。青の金の力でも勝てない。
紫のクウガとサメ女の肉弾戦は迫力満点。最後は参考資料によると、
ダブルライジングタイタンフォーム、
二本の刀でようやく勝利する。
 
ドラマも特撮も見所満載のエピソードです。
 
今回の奈々ちゃんと雄介の会話はしっかり抑えてもらいたい。このやり取りは物語のテーマであり、最終話『空我』で反芻されます。
 
では、またよろしくお願いします。