google-site-verification=tspjGYP2gIcb3MFqsIMJKHx5FkJBRAkM0mpmVvfoSAw

😸以文会友 以猫仁輔😸

文を以って友を会し、猫を以って人を輔く Twitterでいいきれないことをここで話します アカデミックに行きましょう😀 ネコは俯瞰的な立場で監視します😸

読書の話📚Vol.19 江戸川乱歩著 『人でなしの恋』

暇つぶしとしての読書
 
最近は社会・政治、仏教、歴史関係の読書がほとんどですけれど、私もたまには文学、小説が読みたくなります。
もともと文学部出身です。ヘミングウェイやスタインベック等の現代アメリカ文学、『赤毛のアン』やマーク・トウェインはマストです。読まなかればいけません。フランス文学はカミュ。カミュはかっこいいですよね。まるでフランス映画の俳優みたいですよね。
 
 
時間がある時は、短編集を手にします。サクって10分程度で読める作品がいい。いわゆる「暇つぶし」という奴です。高橋源一郎や呉智英のエッセイ集を読む感覚で太宰治や谷崎純一郎の短編集を読みます。芥川もいいですよね。
漫画はどちらかというと長編が好きなので、「暇つぶし」のためには、あまり漫画は読みません。『ゴルゴ13』は大好きですなので、結局、単行本一冊読んでしまいます。「暇つぶし」にはなりません。
 
さて、今回は江戸川乱歩を取り上げます。
 
実は探偵小説好きでした
 
私がちょうど、自ら読書をしようと思った頃に流行っていたのは、横溝正史と森村誠一。角川春樹に踊ろされました。角川書店による私のお小遣い強奪計画がはじまりました(笑)。
横溝正史は「田舎もの」というジャンルを作った偉大な作家です。それまで探偵小説は都会のものでした。
江戸川乱歩の『地獄の道化師』では犯人のアジトは千葉県G村。名探偵明智小五郎はそれを突き止め、こう言います。「葉を隠すのは葉の中、人を隠すのは人の中」。千葉県G村では人が住んでいないからすぐに住処がわかるというのですイヤハヤなんとも。
戦後、金田一耕助シリーズで頭角を表す、横溝正史は疎開した経験?いや、生まれながらの田舎者なのか?ググってみたら、横溝は神戸、乱歩は三重県名張だって?えっ?乱歩の方が田舎者ではないか‼️今まで、乱歩は浅草の出身だと思っていた。
話がズレた。角川春樹の仕掛けたブームに乗せられて『犬神家の一族』や、『獄門島』など横溝正史の作品を片っ端から読んでいました。それ以降、探偵小説に興味を持って、横溝正史以外の作家、アガサ・クリスティ、エラリー・クイーンなども読みはじめました。
 
その流れで当然、江戸川乱歩も読みはじめました。乱歩の作品を改めて読んでみると「エロ」、「サドマゾ」、「殺人」、「奇形」。そんなものを読んでいては碌な大人にはなりませんよね😅。しかし、乱歩って作家は『少年探偵団シリーズ』などけっこう、時代や対象に合わせてリメイクされるし、ことある毎にドラマ化、アニメ化されているので作品に触れている人は多いでしょう。(天知茂主演の「美女シリーズ」は現在ファミリー劇場で絶賛再放送中。)
しかし、振り返ってみれば、「人を殺さない」乱歩の作品はひょっとして文学への架け橋だった?うん解らない(笑)。
『人間椅子』の怪奇性に加えてあのオチ。何度読んでも面白い。人は殺しますけれど、犯人がわかっていても面白い『屋根裏の散歩者』なんて普遍的な心理がありますね。「人を殺してみたい」、「不条理な殺人」って今はじまったことではありません。乱歩にはそんな発見があります。
 
『人でなしの恋』
このブログではじめての乱歩。取り上げるのは『人でなしの恋』。短編集などに納められている作品です。しかし決っして文庫本のタイトルにはなりません。ですけれど、内容はエロで、異形の恋、嫉妬、変態性などわずかなページ数にてんこ盛りです。
NHKBSで満島ひかる主演でドラマ化されているのでみた人は多いでしょう。私も一度は当然、読んでいましたけれど、忘れていました。ドラマを見から、改めて読み返ししました。
 

f:id:wataru42nc:20210115053016j:plain

満島ひかり『人でなしの恋』
恋愛経験のないまま、結婚した主人公は旦那の愛し方に不満を持っていた。男性経験が結婚までなかったので、こんなものかなって思っていた、しかし夜な夜な出かける旦那の密通していた。その密通の相手は蔵の薄暗い二階に置かれた長持にあった人形であった。
 
ネタバレになりますから、ここでやめておきますけれど、すごいオチです。良い子は怖くなって蔵には一人で行けなくなります😅
 
乱歩の文体は話言葉でありますけれど、大正の文体は格調高い。この二階というのが淫靡でいいのですよ。暗闇で下から嫉妬の塊でなって夫の浮気を見ている妻。このシーンは目に浮かびます。
 
文学って「さあ、感動するぞ!」と構えて読むものではありません。もっと、気楽に楽しまないと・・・
 

 

Iron Maiden 同様アクセス数がよかったら、乱歩をまた取り上げます。よろしくお願いします。