😸以文会友 以猫仁輔😸

文を以って友を会し、猫を以って人を輔く Twitterでいいきれないことをここで話します アカデミックに行きましょう😀 ネコは俯瞰的な立場で監視します😸

読書の話Vol.3 📚 『走れメロス』太宰 治

以前、NHKーEテレの『100分de名著』で又吉直樹さんが「好きな作家は?」の問いに「うーーーん 太宰治」と答えました。司会の伊集院光さんが「その間、わかる」と言っておりました。
 
どんな分野でも、「好きな〇〇は?」と聞かれて、その第一人者の名を答えると、ちょっとした気恥ずかしさ(笑)を覚えませんか?
「好きなミュージシャンは誰ですか?」と聞かれて「ポール・マッカトニー」と答えると、「結構ミーハーですね」とか、「あまりロックは詳しくないみたいですね」とかあまり詳しくない人にムカっとしませんか?嫌ですね💢
 
ならば、「ロジャー・チャップマン」とか「ルシファーズ・フレンズ」といえば満足かい💢
 
今回は、そのあまり文学が詳しくない私が大好きな作家、ベタに太宰治を文藝の香高く、紹介いたします。さらにはみんな知っている『走れメロス』です。
 
皆さん、太宰に一度はハマりましたか?
 
私は浪人時代にはまりました。太宰とヘッセは麻疹です。若いうちに抗体を身体に作らないといけません。歳をとってから麻疹にかかると命に関わります。
 
『走れメロス』は学校の教科書など掲載されていることも多いので、はじめて読んだ太宰の作品と言う人も多いと思います。でもこの話変だと思いませんか?
 
“メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王をの除かなければならぬと決心した。“
 
最高のオープニング。読者は一気に身を乗り出す。つかみはOK!でも、何故、メロスは激怒した?
 
正義感が強いからといって、政治もわからない、十里も離れた村の羊飼がどうして、よその国王に腹を立てる?しかも堂々と宮殿に乗り込んで王を殺そうとします。
 
どんなに独裁政権であっても、日本人でシンガポールのリー・シェンロンに腹を立てている人いますか?北朝鮮に腹を立てるのは、日本海にミサイルを打ち込むからでしょう。
 
随筆家の若松英輔は王の視点で物語を捉えたが、やはりメロスの視点で物語を読むのが、本来の姿である、と思う。
 
久しぶりに読んで少し気になったのけれど、メロスの精神の変化があまりにも激しい。そして何度も自分に負けそうになる。王の卑劣を憎みながらも、王の思う通りに動いている自分を嫌悪する。
 
「自分の気持ちと葛藤しながら、約束を果たして、友を助けたメロスは偉いと思います。感動しました」では小学生レベルです。
 
これってひょっとして太宰はメロスの姿を恨みながらも、憎みながらも国の思う通り、出版社の思うように動いている自分と重ねているのか?それでも小説を書くしかない、自分のことなのか?ひょっとしてメロスも太宰の分身?
 
メロスは死ぬために走り続ける。逃げればいいのに!
 
でも、約束通り、メロスは帰ってきた。ひょっとして、自由人を気取りながら、小説を生業として書いている太宰の自己嫌悪なのか?
 
久しぶりに読んで、よりわからなくなってしまった。
 
やはり太宰は麻疹だ。これで無限ループにハマってしまった。
 
最後に『走れメロス』をブログに載せようと決心して最後までやった私は頑張った! 以上、終了にします。
 

 

走れメロス (新潮文庫)

走れメロス (新潮文庫)