😸以文会友 以猫仁輔😸

文を以って友を会し、猫を以って人を輔く Twitterでいいきれないことをここで話します

マンガの話📕Vol.1 好きな作家について  永井豪

しばらく、音楽一本で行こうと思ったけれど、結構きついものがありました。ネタはそれなりには持ってますけれど、思い入れが強すぎるて、なかなか誰をやるかも決まらない。これからは思いついたものから順にやっていきます。ネタはたくさんありますから、ご心配なく😃。

 

本日はちょっと肩の力を抜いて、マンガの思い出を話たいと思います。

 

 幼年時代の60年代後半から70年代前半はウルトラマン、仮面ライダーをはじめとする特撮ヒーローもの、アニメの全盛時代。今では考えられないかもしれないけれど、毎日ゴールデンタイムの午後7時からは8時までは必ず、その手の番組がやっていました。

 

テレビ局、出版社が作品の原作を執筆していたのが、巨匠、手塚治虫をはじめ石ノ森章太郎や永井豪、水木しげる、横山光輝、ジョージ秋山と言った、当時一番油の乗っていた作家陣。

 

ものすごい顔ぶれ。そういった作家陣が「テレビはテレビ、漫画は漫画」と言わんばかりに作品を発表していた。したり顔で「原作では・・・」と子供が言っていたwww。

生意気なガキだ

 

一度、石ノ森章太郎の「変身忍者 嵐」を読んでみてください。連載の後半になると変身しないから。

 

更に、マンガ週刊誌を読むとスポ根、ギャグ漫画も掲載されていて、ちばてつや、水島新司、川崎のぼる、赤塚不二夫、松本零士、つのだじろう、山上たつひこなどが誌面を賑わせていました。

こういう人たちの洗礼を子供の頃、受けたわけだから、そりゃマンガ好きになって当然だと思いませんか?

 

その中で、一番のお気に入りと言えば永井豪!

「ハレンチ学園」で時代の寵児になり、巨匠の仲間入りしましたけれど、当時は何かとお騒がせ作家。今こんな人いないでしょう。

 

永井豪との出会いは眼科にあった少年マガジンの「デビルマン」。幼心に衝撃を受けました。

 

「テレビと違う・・・」

 

テレビのデビルマン は毎週デビルビームでカッコよく相手を倒していましたが、漫画のデビルマンはシレーヌの鉄の爪で腕を引きちぎられていました❗️当然トラウマになります。これを子供のくせにデビルマンとシレーヌの死闘を見て、「カッコイイ」、「凄え!」という人間は性格が歪むのは当然ですよね。まあ、読んだことのない人は読んでみてください。

 

 

それ以来、永井豪を追っかけています。「マジンガーZ」などのロボット、「バイオレンスジャック」、「手天童子」とったS F、ヒーロー作品はもちろん、デビュー当時からのギャグ、ナンセンス、ホラー。作風の広さは師匠の石ノ森章太郎ゆずりかな😃

 

お薦め作品は「キューティーハニー」。S Fから、エロ、グロ、ナンセンス、ヒーロー(ヒロインですけれど)、暴力、恐怖までテンコもり。永井豪の魅力が幕内弁当のように詰まった作品です。

 

決して、永井豪の回し者ではありませんけれど、是非とも読んでもらいですね。だってハニーちゃん可愛いから(笑)

 

 

キューティーハニー The Origin (復刻名作漫画シリーズ)

キューティーハニー The Origin (復刻名作漫画シリーズ)

  • 作者:永井 豪
  • 発売日: 2013/12/20
  • メディア: コミック