google-site-verification=tspjGYP2gIcb3MFqsIMJKHx5FkJBRAkM0mpmVvfoSAw

😸以文会友 以猫仁輔😸

文を以って友を会し、猫を以って人を輔く Twitterでいいきれないことをここで話します アカデミックに行きましょう😀 ネコは俯瞰的な立場で監視します😸

所感 いつの間にかクラプトンの”Behind the Sun"

アクセス数が全然伸びていない。

 

やはり、プロデューサーの話はまずかったかしら?クラプトンの“Forever Man”の最初のスネアドラムの”スコーン“がいいとか言っても、まあ通じないか😅

(でも聞いてくだいね)

 

 

Twitterとは畑が違いますねよ。Twitterはどっちかと言ったら、キャッチボールというか、ドッチボールかな?

 

ブログ読んでもらわないと、意味ないですから。「継続は力なり」少しづつでも何らかの情報発信をしていきます。

 

今後ともよろしくお願い致します😅

 

 

 クラプトンがはじめてフィル・コリンズと組んだ、80年代を代表する一枚。

 

当時は「フィルはシンセがないとクラプトンをプロデュースできないのか」とか言われたけれど、むしろ明るいクラプトンの側面を出していることに成功している。

”Same Old Blues"など、しっかりギターの聴きどころをも満載。チャッカリ”Just Like a Prisoner"ではフィルはドラマーとして自分の聴きどころを作っている。

 

”Behind the Sun"以降、クラプトンはバンドを一旦解体。新たにクラプトンバンドを結成し活動を加速していく。

 

初めてクラプトンのライブを見たのはこの時のツアーでした。それからずーっと続くジャパンツアー、クラプトン追っかけがはじまりました。

 

追加:あまりにもさらってしてますので、アップグレードしたブログもあります。

よかったら、見てください

 

wataru42nc.hatenablog.com