google-site-verification=tspjGYP2gIcb3MFqsIMJKHx5FkJBRAkM0mpmVvfoSAw

😸以文会友 以猫輔仁😸

文を以って友を会し、猫を以って人を輔く Twitterでいいきれないことをここで話します アカデミックに行きましょう😀 ネコは俯瞰的な立場で監視します😸

音楽の話 Vol.1 British Rock

自己紹介をかねて、音楽、特に大好きなBritish Rockの思い出を話をします。

 

私はエアロビクス、コミックや歴史など、比較的多趣味な方だと思います。

ですけれど、何が一番好きかといえばなんといっても音楽。

クラシック、ミュージカルからアイドル、特撮、アニソン何でも聴きます。

 

でも、何が一番好きかと言えば、一番は60年代から70年代のBritish Rockです。

 

この時代の日々進歩する録音技術やP A、社会事情、公民権運動のウネリもあり、ホント凄い時代でしたね。60年代前半に登場するThe Beatles、The Rolling Stones等彼らがもっている「ギターを弾くんだ」、「歌を歌うんだ」というエネルギー、空気をサウンドから感じます。

 

リアルタイムで彼らの音楽を聴きはじめた、中学生の頃です。時代を溯ってまるで貪るようにラジオを聴いて、レコード屋に行って情報を集めていました。今考えると、とても楽しい時代でした。

 

それぞれのミュージシャンに関しては、機会を改めて紹介します。

ロックを聴きはじめて以来、特に好きだ!大好きだ!今でも大好きだ!というBritish Rockのミュージシャン、バンドを5組あげます。

 

 

素晴らしいメンバーです。顔ぶれを見るだけでもゾクゾクします。他にもThe Beatles、The Yard birds、Led Zeppelin 、Eric Clapton、Genesis、Iron Maiden、The Clash 等も、みんなため息が出るくらいかっこいい。

ひとりずつ時間をとって、しっかり紹介します。

 

特にロックを聴きはじめた、中学生、高校生の頃一番夢中だったのはRod Stewart。

 

ビッシと豹柄のパンツに、ピンクのジャケットを着てスタンドマイクを振り回して、シャウトするRod。初めて見たRod にいかれてしまった。文字通りノックアウト!「こんなかっこいい大人がこの世にいるのか」と思ったのを今でもはっきり覚えています。Rodになりたいと本気で思っていた。

 

あれから40年以上。歳をとっても、Rodは私のHEROです!!

 

分析すれば、サム・クックに根ざしたボーカルスタイルとか、いろいろありますが、「惚れた!」それでいいじゃないですか。

 

高校生の時に最初に買ったRodのレコードは 💿

ロッド・スチュワート グレイテイスト・ヒッツ WQCP-688

 

 

 

 

 

ワーナー・ブラザースに移籍した70年代中心に編集されたベスト盤です。10曲入りと少し物足りないかもしれませんけれど、今聞いても高校の頃の青春が蘇ります。

あの時代を共有したい人は是非聴いていてください。お勧めです。
是非とも聞いてください。

収録曲

  1. HOT LEGS
  2. MAGGIE MAY
  3. DA YA THINK I'M SEXY ? 
  4. YOU'RE IN MY HEART (The Final Acclaim)
  5. SAILING
  6. I DON'T WANT TO TALK ABOUT IT
  7. TONIGHT'S THE NIGHT (Gonna Be Alright) 
  8. THE KILLING OF GEORGIE (Part I and II)
  9. THE FIRST CUT IS THE DEEPEST
  10. I WAS ONLY JOKING

 

 

今後、もっといろいろと音楽に関しては発信していきたいと思っています。